Zenfone3 に SIMを入れ、ケースと保護シートをつけてみました☆

ASUSの Zen Tour 東京 (1月20日開催) に参加後、Zenfone3 のモニターをさせていただいています。
今回は、規定の回数の記事アップをクリア後は、そのまま使用が出来ますので、やはり使い勝手が良く、返却の心配も有りませんので精神的にも楽な気がします。また愛着もひとしおで、このまま使い続けようと思っています。

b0245465_00085318.jpg

モニターイベントに参加後は、すぐに設定し使い始めてみたのですが、やはりAndroidは楽しいなと実感しました。壁紙を変えたり、テーマを選べますし、何よりウィジットが使えます。これはiPhoneでは出来ないので嬉しい点ですね。
Zenfone3 は、発売から数ヶ月経っていますので、既に使われている方からの情報も豊富に存在していました。

b0245465_23241279.jpg

私は、Androidには多少慣れていても、Zenfoneは初めて、ということで参考になるサイトを探してみました。モバレコの『ASUS Zenfone 3を購入したら設定しておきたい11のこと』という記事が特に参考になりました。バッテリー残量のパーセンテージ表示や、簡単にスクリーンショットを撮る方法など、役立つ事がまとまっています。

b0245465_00263307.jpg

テーマは、設定→テーマと進み、無料のものや有料のテーマがダウンロード出来ます。
素敵なテーマが有ったので、思わず2点ほど有料のテーマをダウンロードしてみました。このアウトドアっぽいテーマも気に入っていて、アイコンが丸なのも変わっていて素敵だなと思っています。


 Zenfone3 の SIMカード とマイクロSDカード

b0245465_02365019.jpg

Zenfone3 は、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しています。ひとつにはマイクロSDカードを入れたかったので、もう一方はnanoSIMになるのかな? と思っていたら、何ともう一方はmicroSIMだったので、ちょうどあまり使わなくなっていたmicroSIMを入れることが出来ました。iijmioの音声SIMなので、これ一台で通話も出来て完璧です。
マイクロSDカードは、Amazonでセール時に購入していた、新品の32GBを入れています。

b0245465_00281953.jpg

通信速度も深夜という事もあり、満足のスピードです。家のWi-Fiなど足下にも及びません(笑)。
現在はメインで、SIMフリーの iPhone 7 plus を使っているのですが、Zenfone3 でモバイルSuicaが使えれば、こちらをメインにしても良いくらいかな、と思う程に軽くて使い易い点が気に入ってしまいました。


 Zenfone3 のケース

b0245465_23260514.jpg

イベントに参加した時、全員に何と ray-out社のハイブリッドケース がプレゼントされました。
「ソフトとハードのいいとこ取り」のこのケースは使い易く、傷にも強い優れもの。衝撃をやわらげ、側面もしっかり保護してくれます。こちらも暫く使っており、安心して使え、持っていても落とし難いと感じました。

b0245465_00111471.jpg

しかし、どうしても気になって使ってみたかったのが、純正の View Flip Cover です。丸い窓が気になって、気になって…。調べてみたところ、三千円弱で購入出来るので、Amazonでポイントを使ってお安くゲットしてみました。
本体側面の色に合わせてゴールドにするとまとまるのですが、今回は心機一転「爽やかな水色」を選択しました。

b0245465_23541503.jpg

こちらのケース、純正というだけあってサイズはぴったりですし、やはり設定で、表示するテーマやアプリを選べるのが素晴らしいと思います。

b0245465_00153228.jpg

丸い画面に合わせて時計が表示されるのですが、一番左のシンプルな時計は初め水玉模様(バブル)がスクリーンセイバーの様に動いてとても面白いです。他にも天気や気温も表示されるので、非常に便利です。

b0245465_00162485.jpg

また、丸い円のふちをぐるぐる指で回すと、電灯・音楽・天気・時計・カレンダー・設定、等が表示されます。ちょっとカレンダーをチェックしたい時など、とても便利なので、このケースを購入して非常に満足しています。
色は、現在 Amazonなどでは、ブラック・ゴールド・水色 の3色が出ているようです。


■ Zenfone3 の液晶保護シート

iPhone 7 plusには、ゴリラガラスの液晶保護シートを貼っています。そこで、今回もガラス素材のものを選んでみたのですが、これが失敗してしまいまして残念な結果でした。

b0245465_00514345.jpg

Amazonで、Zenfon3 用のガラス素材の商品を選び、全面が透明なタイプを選択し、届いたのがこちらです。しかし、埃をはらい万全な状態で集中して作業をしていたにも関わらず、シートが全く合いません! 仕方無く諦めて、よくよく確認してみたら、何といつの間にか Zenfone5 用の商品になっているでは有りませんか。まあ、良く確認しなかった方も悪いので仕方ありませんが、Amazonだとこういう事も起こりうるので、皆さんご注意くださいませ。

b0245465_00571011.jpg

困ってしまい、他のガラス素材のシートを見てみましたが、どうも評判がよろしくない…。Zenfone3 は、四隅付近が少しラウンドしているので、ガラス素材のシートを貼ると端が浮いてしまうという事例がコメントから確認出来ました。

これは、ガラス素材で無く、本来の薄いシートの方が綺麗に貼れるのでは無いか、という事で ミヤビックスの「オーバーレイブリリアント 高光沢タイプ」を選択。これが、安価なのに簡単で、綺麗に貼る事が出来ました。

b0245465_01041109.jpg

こちらのシート、薄いのですが Zenfone3 に合わせたように、液晶画面より少し小さいサイズになっています。ですから、角の方のラウンドで端が浮くという事もありません。付属品はありませんが、お手持ちの液晶画面クリーニングシート等を使って埃を除去した後に、説明書通り、画面に合わせて貼ればOKです。ガラスでは無いので多少の調整が何とか出来ました。

すっかり気に入って使用している Zenfone3 ですが、今後は写真を撮ったり、音楽を聴いたりしてみたいと思っています。次回はその模様と、使ってみて気づいた事などをまとめてみたいと思います。


by sara3t | 2017-01-31 23:59 | モニター記事 | Comments(0)

■モバイルやPCに興味が有り、写真と映画が好きな宮城県在住の会社員です。■ブログ歴は11年になりました。■Facebookやtwitterで、旅行やグルメ情報も発信しています。


by sara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31