月夜のひとりごと

sara3.exblog.jp
Top ;Log-in
2017年 04月 19日 |
KOSE 米肌 アンバサダーのキャンペーンに当選し、米肌 澄肌シリーズが当選しました。
四月になり、やっと春がやって来た宮城。早速、澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスを使い始めました。
使い初めの感触としては、さらっとした感触ですが、肌が柔らかくなったような気がしたので嬉しくなりました。

b0245465_00340568.jpg

今回、モニターに当選していただいたのは、こちらの3品です。
●KOSE 米肌『澄肌美白化粧水』
●KOSE 米肌『澄肌美白化粧水』詰替え用
●KOSE 米肌『澄肌美白エッセンス』

b0245465_00242725.jpg

化粧水は、詰め替え用もいただいたので、惜しみなくローションパックにも使えそうです。
KOSE 米肌『澄肌美白シリーズ』は、使ってみるとさっぱりしており、これからの季節にはピッタリです。

今回、化粧水詰め替え用も良いのですが、出来れば『肌潤ジェルクリーム』がセットだと最高だったと思います。
米肌シリーズでは、朝も夜もステップ4では、季節に応じたクリームが欠かせない為です。
さっぱりタイプの『肌潤ジェルクリーム』は使った事が無いので、ぜひ試してみたかった! と思いました。



   

2017年 02月 24日 |
Zenfone 3 のモニターを始めてから、1ヶ月少々経ちましたので、感じた事をまとめてみたいと思います。
デザインも高級感が有りますし、使い易く&写真も綺麗に撮れましたので、お勧め出来るスマホだと感じました。大きさも一般的には丁度良いサイズですし、軽くてお洒落なので女性にもお勧めです。格安SIMを使えば尚お得です。

b0245465_00365567.jpg

■ Zenfone 3 の良いところ
 ◆ デザインがお洒落で、コスパ最高なお勧めスマホです。
 ◆ 写真が予想以上に綺麗に撮れる。
 ◆ 電池交換が可能なので永く使う事が出来る。
 ◆ USB Type-C が使い易い&急速バッテリー充電。
 ◆ DSDSに対応 (microSIM+microSDカードの組み合わせもOK)。

写真に関しては、後半で詳しく書きたいと思いますので、特に気づいた点をひとつ紹介します。
今回、USB Type-C になった訳ですが、これまでの充電器が使えないのは不便では?と初めは思いました。
ところが、使ってみたら裏表が無いので非常に使い易く、とても気に入りました。ASUSさんから、もうひとついただいていたのも非常に有り難かったです。初めて使用の方は、もう一本ご用意されれば万全では無いかと思います。

b0245465_00565692.jpg

■ Zenfone 3 の悪いところ (残念な点)
 ◆ おサイフケータイが使えない。
 ◆ カメラのAF合焦音が大きすぎる。(※2月25日アップデートが降りて来て、だいぶ改善されました。)

おサイフケータイに関しましては、対応に時間がかかる事だと思いますので、今後に期待…というところです。
ただ、カメラのAF合焦音は、何故こんなに大きな音がするのかと驚いてしまいました。盗撮の問題などが有るのでしょうが、シャッター音ならともかく、AF合焦音が「ピピッ!」と鳴るのは、ランチの写真が撮り難いので改善して欲しい点です。
という事で、良い点の多さに比べると、悪い点はあまり見つからなかったという印象でした。


■ Zenfone 3 で撮った写真について

b0245465_01141551.jpg

上の写真は、いつもメインで使っている iPhone 7 plus で撮影したものです。
もう、5ヶ月間メインで使用していますので、それなりに使い方にも慣れていると思っていました。ところが、今日のランチを撮り比べてみたら、断然 Zenfone 3 で撮ったものの方が気に入ってしまいました。
尚、当然ですが写真は3点共、明るさ等の編集は一切行っておりません。

b0245465_01191264.jpg

Zenfone 3 で撮った写真がこちらになります。初めて食べ物を撮ったのですが、美味しそうに撮れました。
これは、「単焦点」を選択して撮影しました。2回ピントが合うので「選択フォーカス」の様なモードの様です。「単焦点」で撮影した後、後ろ側のボケ加減を調整して選ぶことが出来ます。非常に使い易かったです。

b0245465_01331728.jpg

また「単焦点」を選ばず、「オート」で撮ったのが、こちらの写真です。明るくてますます美味しそうです!
私は、Facebookなどでランチの写真などを多く投稿していますので、食べ物が美味しく撮れる Zenfone 3 がますます気に入ってしまいました。普段の生活では、おサイフケータイはあまり使わないので、Zenfone 3 がメインでも良いくらい♪です。


b0245465_02213921.jpg

Zenfone3 のカメラのモードは、こんなに沢山有りました。エフェクト撮影など、即試してみたいと思います。そう言えば、美人エフェクトというのは、すぐ試してみたのでした。これは使える機能だし、楽しい〜☆と思ったのですが、紹介出来ないのが残念です(笑)。ちょっぴり目を大きめにしたり、肌を少し白くして撮ったのですが、すっかり忘れていました。

「夜景」や「パノラマ」も試してみたいモードですね。それから、動物の動画なども撮ってみたいと思います。

写真機能だけで無く、スクリーンキャプチャーも簡単に撮れますし、私にはとても扱い易い Zenfone 3 です。Androidだから、ウィジットも使えるし、テーマを選んで気分を変える事も出来るので、飽きっぽい私にはぴったりです。
今回は、Zenfone 3 のモニターに参加出来て、本当に良かったです。これからも東北の地で、ASUSを使って行きます。

2017年 01月 31日 |
ASUSの Zen Tour 東京 (1月20日開催) に参加後、Zenfone3 のモニターをさせていただいています。
今回は、規定の回数の記事アップをクリア後は、そのまま使用が出来ますので、やはり使い勝手が良く、返却の心配も有りませんので精神的にも楽な気がします。また愛着もひとしおで、このまま使い続けようと思っています。

b0245465_00085318.jpg

モニターイベントに参加後は、すぐに設定し使い始めてみたのですが、やはりAndroidは楽しいなと実感しました。壁紙を変えたり、テーマを選べますし、何よりウィジットが使えます。これはiPhoneでは出来ないので嬉しい点ですね。
Zenfone3 は、発売から数ヶ月経っていますので、既に使われている方からの情報も豊富に存在していました。

b0245465_23241279.jpg

私は、Androidには多少慣れていても、Zenfoneは初めて、ということで参考になるサイトを探してみました。モバレコの『ASUS Zenfone 3を購入したら設定しておきたい11のこと』という記事が特に参考になりました。バッテリー残量のパーセンテージ表示や、簡単にスクリーンショットを撮る方法など、役立つ事がまとまっています。

b0245465_00263307.jpg

テーマは、設定→テーマと進み、無料のものや有料のテーマがダウンロード出来ます。
素敵なテーマが有ったので、思わず2点ほど有料のテーマをダウンロードしてみました。このアウトドアっぽいテーマも気に入っていて、アイコンが丸なのも変わっていて素敵だなと思っています。


 Zenfone3 の SIMカード とマイクロSDカード

b0245465_02365019.jpg

Zenfone3 は、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しています。ひとつにはマイクロSDカードを入れたかったので、もう一方はnanoSIMになるのかな? と思っていたら、何ともう一方はmicroSIMだったので、ちょうどあまり使わなくなっていたmicroSIMを入れることが出来ました。iijmioの音声SIMなので、これ一台で通話も出来て完璧です。
マイクロSDカードは、Amazonでセール時に購入していた、新品の32GBを入れています。

b0245465_00281953.jpg

通信速度も深夜という事もあり、満足のスピードです。家のWi-Fiなど足下にも及びません(笑)。
現在はメインで、SIMフリーの iPhone 7 plus を使っているのですが、Zenfone3 でモバイルSuicaが使えれば、こちらをメインにしても良いくらいかな、と思う程に軽くて使い易い点が気に入ってしまいました。


 Zenfone3 のケース

b0245465_23260514.jpg

イベントに参加した時、全員に何と ray-out社のハイブリッドケース がプレゼントされました。
「ソフトとハードのいいとこ取り」のこのケースは使い易く、傷にも強い優れもの。衝撃をやわらげ、側面もしっかり保護してくれます。こちらも暫く使っており、安心して使え、持っていても落とし難いと感じました。

b0245465_00111471.jpg

しかし、どうしても気になって使ってみたかったのが、純正の View Flip Cover です。丸い窓が気になって、気になって…。調べてみたところ、三千円弱で購入出来るので、Amazonでポイントを使ってお安くゲットしてみました。
本体側面の色に合わせてゴールドにするとまとまるのですが、今回は心機一転「爽やかな水色」を選択しました。

b0245465_23541503.jpg

こちらのケース、純正というだけあってサイズはぴったりですし、やはり設定で、表示するテーマやアプリを選べるのが素晴らしいと思います。

b0245465_00153228.jpg

丸い画面に合わせて時計が表示されるのですが、一番左のシンプルな時計は初め水玉模様(バブル)がスクリーンセイバーの様に動いてとても面白いです。他にも天気や気温も表示されるので、非常に便利です。

b0245465_00162485.jpg

また、丸い円のふちをぐるぐる指で回すと、電灯・音楽・天気・時計・カレンダー・設定、等が表示されます。ちょっとカレンダーをチェックしたい時など、とても便利なので、このケースを購入して非常に満足しています。
色は、現在 Amazonなどでは、ブラック・ゴールド・水色 の3色が出ているようです。


■ Zenfone3 の液晶保護シート

iPhone 7 plusには、ゴリラガラスの液晶保護シートを貼っています。そこで、今回もガラス素材のものを選んでみたのですが、これが失敗してしまいまして残念な結果でした。

b0245465_00514345.jpg

Amazonで、Zenfon3 用のガラス素材の商品を選び、全面が透明なタイプを選択し、届いたのがこちらです。しかし、埃をはらい万全な状態で集中して作業をしていたにも関わらず、シートが全く合いません! 仕方無く諦めて、よくよく確認してみたら、何といつの間にか Zenfone5 用の商品になっているでは有りませんか。まあ、良く確認しなかった方も悪いので仕方ありませんが、Amazonだとこういう事も起こりうるので、皆さんご注意くださいませ。

b0245465_00571011.jpg

困ってしまい、他のガラス素材のシートを見てみましたが、どうも評判がよろしくない…。Zenfone3 は、四隅付近が少しラウンドしているので、ガラス素材のシートを貼ると端が浮いてしまうという事例がコメントから確認出来ました。

これは、ガラス素材で無く、本来の薄いシートの方が綺麗に貼れるのでは無いか、という事で ミヤビックスの「オーバーレイブリリアント 高光沢タイプ」を選択。これが、安価なのに簡単で、綺麗に貼る事が出来ました。

b0245465_01041109.jpg

こちらのシート、薄いのですが Zenfone3 に合わせたように、液晶画面より少し小さいサイズになっています。ですから、角の方のラウンドで端が浮くという事もありません。付属品はありませんが、お手持ちの液晶画面クリーニングシート等を使って埃を除去した後に、説明書通り、画面に合わせて貼ればOKです。ガラスでは無いので多少の調整が何とか出来ました。

すっかり気に入って使用している Zenfone3 ですが、今後は写真を撮ったり、音楽を聴いたりしてみたいと思っています。次回はその模様と、使ってみて気づいた事などをまとめてみたいと思います。


2017年 01月 23日 |
昨年12月後半にSNSで目にした【ASAS Zen Tour 年末年始大感謝祭!】のモニターに応募してみました。今回は、一定数の記事UPをクリアするとモニター品がプレゼントされるので、競争率が高いと予想され、期待はしていませんでした。ところが、東京での開催定員30名に選んでいただけたようで、嬉しい当選メールが届き、宮城から新幹線とホテルを予約し参加しました。

b0245465_23244447.jpg

ASUSという会社に関しましては、やはり震災で大変な思いをした宮城県人としては、
GOD BLESS JAPAN』ですね! 震災後、マザーボードに刻印されたこの言葉は、いまでも忘れられず、私が親近感を抱くきっかけにもなっています。
実際、私はモバイルPCとして「ASUS TransBook T90Chi」と「Chromebook Flip C100PA」を使用していました。しかし、Facebookを調べたら「ASUS VivoBook X202E」を、2013.05.24に購入したのが初めてだったようです。
今回は当選で、参加させていただく事になったイベントですが、モニター機種が明かされていないので、結構ドキドキでした。

b0245465_23433170.jpg

まず初めに、Zenfoneとは『禅』にインスパイアされてつけた名前だと知り、ますます好感度が上がって行きました。海外のセレブ達にも「禅」は人気のようですが、日本人ですが今風の自分にはピンと来るようで来ないものかなぁ。しかし、名前の由来を聞く前に比べると、明らかに崇高なイメージがして来て、持つ喜びを感じるイメージになりました。

b0245465_00000485.jpg

さて、今回のモニター機種は「Zenfone3」であるとの発表がありました。これは、名古屋・大阪と同じですね。私は以前から「Zenfone3 Ultra」が気に入っていたので残念ですが、やはり価格が違いますから…仕方無いです。

b0245465_00035596.jpg

説明を聞いていると、ASUSの方が自信を持ってお勧めされるのも分かる位、デザインもスペックもかなりな物です。両面ガラスの下にスピン加工を施して有るのですが、それがZenを象徴しているのだそうで、こだわりを感じますね。同心円になっているので、あまりギラギラ感は無くてさりげない高級感をかもしだしているところも"禅"なのかなぁ、と思いました。

b0245465_00095566.jpg

色は2色という事で、動画で他の色も見たと思うので、日本ではこの2色が発売されるという事なのでしょう。私には、箱を見たら白い丸シールが貼られていたので、白のようです。参加女性が少ないから女性は白なのかも…。説明でお聞きしたように、実際に持ってみると白も上品な仕上がりで素敵です。この美しさを現すには、カバーを着けずに持ちたいですね。

b0245465_00294754.jpg

カメラ機能ですが、何と明るさ(F値)が2.0の大口径レンズ搭載、約0.03秒超高速フォーカスが可能というスペック。更に、4軸光学式手ぶれ補正&3軸電子式手ぶれ補正でブレ知らず、そして4K解像度の動画も撮影出来る凄いやつでした!

b0245465_00383355.jpg

おまけに32秒の長時間露光撮影も可能という事で、ここまで来るとカメラが要らないのではないかという高性能マシーンです。日常のほんのひとコマに、シーンを美しくしっかり切り取ってくれるスマホは本当に嬉しいから、良い相棒になってくれる予感がします。

b0245465_00451380.jpg

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応し、2つの番号から同時に電話やSMSの待ち受けが可能で、仕事用に別のスマホを持つ必要も無く、ビジネスマンには嬉しいでしょう。そして、格安SIMが余っている私のような者にも、かなりの朗報です。
また、Zenfone3は、キャリアアグリゲーションにも対応しています。

b0245465_00544003.jpg

最近のハイスペックスマホに違わず、Zenfone3もハイレゾ対応という事で、ウォークマンを持たずに済むのは嬉しいです。Zenfone3に付属のイヤホンはハイレゾ対応では無いのですが、手持ちのハイレゾ対応イヤホンを繋いで、思う存分良い音に浸る事が出来そうです。

b0245465_01024006.jpg

ZenfoneのUIは、使い易さに配慮された「クイック設定」で、仕事の休み時間など忙しい時にも使い易く便利です。1回目のスワイプで通知をチェックして消去、2回目で設定画面が出るので、すぐに使いたい項目を選ぶ事が出来ます。

b0245465_01072754.jpg

便利な機能として、スリープ状態からのダブルクリックで「ON/OFFの切り替え」が簡単に出来ます。これは、デフォルトでは設定がOFFになっているので、早速「設定ON」に切り替えて、便利に使っています。

b0245465_01113527.jpg

スリープ中に文字を書いて、特定のアプリを起動することが出来る設定も使う事が出来、こちらも便利だと思います。何を設定するか、使って行くうちに重宝する機能だと思うので、今後じっくり考えて設定したいと思っています。

b0245465_01153036.jpg

こんなに高性能で高級感が有り、尚かつ使い易い最新のスマホが何と! ¥39,800(税別)とはお買い得です。私が、Mate7を購入した時は、確か60,000位だったと思いますし、7plus に至っては 10万円超えでございました。現在使用中の U-mobile の他に、使っていない BIGLOBEと iijmioのsim が有るので、早速どちらかを入れて外でも使ってみたいと思っています。

b0245465_01535011.jpg

鞄に入れたり、外で使う場合にはスマホケースが欲しいのですが、今回はこの rey-out社のケースもいただきました。ソフトとハードのいいとこ取りのこのケースは、割れ難く使い易い品。このケースを着けた方が、手に持っていても落とし難いと思います。衝撃にも強く、ストラップホールも有るのは嬉しいですね。


b0245465_02012316.jpg

展示されていた、こちらのケースも気に入ったのでHPで調べてみたいと思います。本体側面と合わせてゴールドが合うかもしれません。ASUSカバーと言うらしく、この純正カバーに対応した表示が可能なので、是非とも使ってみたいですね。


b0245465_02093309.jpg

タッチ&トライでは、ZenBook 3 や TransBook Mini 、Zenfone 3 Ultra などが展示されていました。実際に見てさわってみると分かることも有って、Ultra 狙いだった私ですが、Zenfone3の後に持ってみると結構重いと感じました。

b0245465_02202943.jpg

ZenBook 3 は 12.5インチと、13インチアンダーですが、非常に薄く、重さが910gととても軽いです。純正スリーブケースも有り、仕事で使う時にも紺色の本体に金の縁取りが美しく映えることでしょう。

b0245465_02270583.jpg

キーボードカバーとASUS Penが付属の TransBook Mini こちらも気になります。ペンの使い心地とキーボードカバーの打ち易さを是非とも試してみたいところです。重さが約540gですから、持ち運びも楽そうなので、欲しくなりそうです。

b0245465_02351694.jpg

そして、こちらが ZenBeam というプロジェクター。これは小さいです! ポケットに入るなんて凄ご過ぎます!

b0245465_02454476.jpg

ゲーム機なども繋げるので、パーティー等にもピッタリ! 私は大スクリーンで、一人のんびり映画鑑賞がしてみたいです。
ASUSは、パソコンやスマホだけでは無く、プロジェクターなど、幅広く開発・販売されている会社なのですね。

b0245465_02490519.jpg

魅力的な商品を沢山発売されていますが、使い易い&求め易いを目指されているようで、好感度が高い企業さんです。実際、今回はイベントに参加させていただいたのですが、タッチ&トライが始まるとすぐに、女性社員の方が気さくにお声がけ下さいました。最後のプレゼント大会では参加賞だったけど、抽選を和気あいあいとされていた社員の方々の様子も、見ていて楽しかったです。

30名の参加者のうち5名が知っている方で、他にもイベントで良くお見かけする方が多かったイベントでした。女性は私を含め、3人か4人しかいませんでしたが、スムーズな進行と楽しいお話で退屈せず楽しめた2時間でした。また機会がありましたら、是非次回も参加させていただきたいと思います。大変貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

今回のモニター商品 : ASUS Zenfone 3


2017年 01月 15日 |
■まさかのメール【ご当選連絡】が…!!

師走の日々忙しい中、何気なく応募したキャンペーンで数日後、【ご当選連絡】というタイトルのメールが届きました。
嬉しいことに、モニター記事投稿後は、そのままこの機種を使い続けることが出来るので、テンションは嫌が応にも上がります。但し、モニターに参加するには東京の指定された場所で、説明会に参加しなければいけません。でも、当選したからには勿論出席します!(笑)

数年間、メイン機はMacばかり使って来たので、次はWindowsのデスクトップが欲しいと考えていた矢先の事でした。何が起きたのか信じられない気持ちと同時に、非常に嬉しくて「きっと神様からのクリスマスプレゼントだなぁ」と思いました。
浜松町にある富士通さんのオフィスへ行くのは2年ぶりです。12月17日の午後2時頃、指定された場所に早めに到着しました。

b0245465_01331930.jpg

説明会が始まって、この機種の当選者5名が集まり、担当者の方の説明をお聞きしました。
プレゼンと共に、資料もいただきましたので写真は撮らなくても大丈夫だったので、お話に集中出来て良かったです。

今回のモニター商品、富士通 FMV ESPRIMO WF1/A3 には、約100名の応募が有ったそうです。
「せっかくモニターしていただくので、インテル Core i7-6700T , メモリ 16GB というハイスペックにしました。」という富士通さんの粋なはからい(太っ腹?) に大感謝です! ありがとうございます、きちんとモニターさせていただきます。

b0245465_21411608.jpg


ストレージも、SSD : 約256GB + HDD : 約3TB です。これは良いトコ取りのハイスペックマシーンですね。
それに、嬉しいのはBlu-ray Diskドライブとハイレゾ対応という点! iMacだと、なかなかこうは行きません…。


■ESPRIMO WF1/A3 の特長

●一番の特長は、大画面なのにコンパクトで、スペースをとらないところ。

b0245465_21415375.jpg


デスクトップなのに場所を選ばず、キーボードは本体下に収納することも出来るので、何かと便利で使い易いのです。
また、SDカードスロットやUSBポート、電源が本体全面にある為、作業も楽ですし、SDカードの取り忘れも減りますね。

●特長の2つ目は、富士通らしく「打つ」心地良さにこだわったキーボードです。

b0245465_21422219.jpg

深さ約3.0mmのキーストロークで、しっかりと文字を打ち込むことが出来、キーの重さが指の力に合わせて3段階に調整されているから、力の弱い小指でも快適にタイピングすることが出来るのだそうです。
そして、日本語の変換に定評のある「ATOK」が標準装備されているのも嬉しいですね。

●特長の3つ目は、高音質なサウンドが楽しめるということです。

b0245465_21425709.jpg


Pioneerと共同開発した、ハイレゾ対応スピーカーを搭載しているので音楽鑑賞や映画鑑賞も楽しめますね。
実際、Blu-rayでライブを観たり、オンデマンドでテニスの試合を観戦しましたが、臨場感が伝わりわくわくしました。

●特長の4つ目は、高性能最新CPUとメモリを積んで、更にSSDも備えたハイスペックだということ。

b0245465_21434058.jpg

Core i7 のクアッドコアCPUと、16GBの大容量DDR4メモリで、写真や動画の編集もサクサク余裕ですね。
また、SSD+HDD搭載ですから、起動時間も驚きのスピードですし、動作音も全く分からないレベルの静けさです。

写真の管理や編集は「My Cloud」で簡単に出来るのですが、他にも写真の編集には「Corel PaintShop Pro X8 for Fujitsu」、動画の編集には「Corel Digital Studio for Fujitsu」がプリインストールされていました。
他には、ATOK、Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス、セキュリティーソフト「マカフィーリブセーフ 3年版」が入っています。

そして、地上デジタル放送とBS・110度CSデジタル放送に対応しており、ダブルチューナーなので、2番組同時録画が可能だという事で、楽しさ満載の一台となっています。

b0245465_23061938.jpg

部屋のサイドテーブルにも置けてしまった、ハイスペックPC。色も白なので部屋が明るくなり気に入っています。
富士通さんのモニターキャンペーンは、これまで何度か開催されているようです。今回はFacebookで見つけました。今後もまた開催されるかもしれませんので、チャンスを掴むべくチェックされてみてはいかがでしょうか…。

因に、モニター記事投稿に関しましては、モニター品の豪華さに比べると制限が低いのでお勧めです。富士通さんには、本当に至れり尽くせりで、感謝でいっぱいです! ありがとうございました。
モニター記事は投稿済みなのですが、今後も使っていてお知らせしたい事などをブログで紹介したいと思っています。

◆今回紹介した機種はこちら : 富士通 FMV ESPRIMO WF1/A3

2017年 01月 14日 |
KOSEの「米肌 たっぷり使い うるおいレポーター」としてモニターに参加させていただきました。
冬場は暖房等で、肌が乾燥して弾力が失われがちな肌の為に、たっぷり使いを実践したいと思います。

b0245465_23565044.jpg

今回は「たっぷり使い うるおいレポーター」として、以下の商品を送っていただきました。
● KOSE 米肌 肌潤化粧水 <現品>
● KOSE 米肌 肌潤化粧水(つめかえ用) <現品>
● KOSE 米肌 肌潤改善エッセンス <現品>
● KOSE 米肌 お手入れローションマスク 10個 <コイン型タイプ>

b0245465_22530370.jpg

今回は、週1回のローションマスクで『化粧品たっぷり使い』を実践してみましょう! というものです。
私も、早速ローションマスクに挑戦してみました。実は、少し前に自分でもローションマスクを購入していました。

b0245465_22574594.jpg

こちらが製品版のローションマスクです。コイン型が15個入っていて、カバー付きトレーが付いています。
トレーにマスクをひとつ入れ、トレーの線の位置までローションを流し入れます。すると、マスクは……、

b0245465_23015698.jpg

ローションを含んで、みるみるこんな風に、どんどん膨らんで行きました。(@o@) 凄いですね〜☆
ふくらんだマスクを丁寧に剥がすと、顔型になるのでそれを顔の上に乗せて、しばし5分程待ちます。

b0245465_23063714.jpg

ローションマスクのトレーが無い場合は、この写真のように化粧水のキャップを使っても大丈夫なんですね〜。
とにかく、ローションマスクは非常に気持ちが良くて、すーっと肌に水分が補充されていく感じが堪りませんでした。

b0245465_23093727.jpg

今までは、肌の表面はつるつるしているのですが、どうも弾力不足の様だし、暫くすると肌の乾燥が気になりました。
どうも、私は「インナードライ」というヤツなのではないかな〜、なんて冊子を見ながら考えていたら5分経ちました。

週1回のローションマスクで『化粧品たっぷり使い』をしてみたら、何と! 肌が柔らかくなって弾力が出てきた様です。
肌の固さがとれて、少しもちもちした感触が手に残るようになりました。これは、本当に嬉しい出来事です!!

b0245465_23153295.jpg

今回いただいた冊子は、とっても分かり易くて、いかに「化粧水たっぷり使い」が効果的なのかが分かります。
肌の悩み別の解説もありますし、「潤滑化粧水の効果的な使い方」も非常に参考になったので実践したいと思います。
乾燥しがちな冬の肌ですが、この米肌潤滑シリーズと「化粧水たっぷり使い」で瑞々しく過ごしたいと思う次第です。

   

2017年 01月 04日 |
天気は曇っていましたが、用事を済ませてやっと初詣に出かけて来ました。
今年は、あまり遠出はせずに、登米市にある「津島神社」に行って来ました。

b0245465_22521402.jpg

お正月という事で、日中でも寒くて、お賽銭を入れてお参りしたり写真を撮っていると手が冷たいです。
それでも、今年1年が無事でありますよう、お祈りして来ました。そして、いよいよ "おみくじ" です!

b0245465_22202380.jpg

今年は、社務所のようなところでカラカラと降って、出て来た棒には「18番」と書いてありました。
おみくじを貰って見てみると、何と「大吉」で、なかなか良い事が書いてあったので安心しました。

b0245465_22230898.jpg

おみくじを大きめの木の枝に、しっかりと結びつけて来たら、あら! ハートの結び場まで有りました。
ハートのは「恋のおみくじ」を買った方が使うみたいです。きっと恋愛が成就することでしょうね。

b0245465_22260255.jpg

おみくじを結んだり、家族分のお守りを買ったりしているうちに、辺りは少し暗くなって来ました。
夕暮れの神社もまた風情が有って素敵ですね! 今日は ペンタックス MX-1で 簡単に撮ってみました。

b0245465_22365980.jpg

社務所の脇には、こんなライトが有って、これは明るい望遠で撮りたかった!と思ってしまいました。
撮影しているとα7ll の望遠レンズが欲しくなります。でも、単焦点の標準レンズ買ったばかりです…。
α7ll は、とても気に入っているのですが、SONY純正のGレンズやカールツァイスが高いのが悩みです。

b0245465_22401880.jpg

今日のところは、お手軽にお散歩カメラとして、ペンタックス MX-1 でささっと撮ってしまいました。
ここは、水飲み場なのでしょうが、落ちた紙が何か風情があるような気がしてシャッターを押しました。
#PENTAX_MX1

2016年 12月 31日 |
以前使っていたソネブロの時は、毎年大晦日に恒例で投稿していたタイトルですが、6年ぶりに復活してみます。映画の感想をブログで書かなくなったのは、ネタバレすると申し訳無いと、いつも気にしていた為でした。

b0245465_22484384.jpg

そして、今年はあまり映画を観なかった印象だったのですが、調べたら結構観ていて自分でも驚いた位です。新作を映画館で観たのが約30本でしたが、見逃しで後でネットで観た新作約10本を合わせ、その中から「ベスト10」を選びました。

第1位 『シン・ゴジラ』

第2位 『オデッセイ』

第3位 『スターウォーズ Vll (4DX3D)』
昨年の12月に2Dで観たのですが、3Dで観たくて遠くのシネコンまで行き、4DX3Dで観ました。
ダニエル・グレイクが出ているという事で、どれか確認したくて字幕で観たらすぐに分かりました。
4DX3Dですと、映画+アトラクションと言った感じで、ミストが出たり、椅子がドンドン動いて迫力が有りました。

第4位 『君の名は。』
b0245465_23271603.jpg
第5位 『殿、利息でござる』
b0245465_22325373.jpg

これは、宮城県の富谷が舞台になっていて、伊達のお殿様が羽生弓弦君という事で、地元らしく大盛り上がり。私が観たのは石巻でしたが、佐々木蔵之介さん達のサインも飾って有って、嬉しく拝見しました。

第6位 『スノーホワイト、氷の王国』
b0245465_22334274.jpg
ファンタジー好きな私は、前作も気に入っており、次回作を楽しみにしていたので大満足の作品でした。ストーリーはそれほど気になる点は有りませんでしたが、何しろ美しい世界と迫力ある映像に釘付けでした。

第7位 『ハドソン川の奇跡』

第8位 『ルドルフとイッパイアッテナ』
b0245465_22343747.jpg
第9位 『信長協奏曲』
ドラマの時から好きで欠かさず観ていたので、ストーリーに馴染みが有り、小栗君の演技も見応えが有りました。歴史的な解釈はそれぞれ有りますが、映画の場合は特にエンターテイメントとして素晴らしければ良いと思っています。

第10位 『高台家の人々』
Amazonプライムで前編のような形で2作が観られたので、いよいよ本編という事で、アニメが原作なので面白かったです。綾瀬はるかさんだから出来たのでは無いか、とさえ思える程にぴったりの役作りが流石だなと関心させられました。

次点 :『パディントン』、『アイアムアヒーロー』、『怒り
b0245465_23274660.jpg
ジャングル・ブック』とか『アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜』とかも良かったんだけど、等と思いながらも何とか、ベスト10を決めてみました。あくまで、私が良かったと感じたベスト10なので、参考程度にご覧いただければ嬉しいです。

今年のベスト10も、半分が日本映画となり、洋画好きの私も日本映画頑張ってる!と感じています。それから、今年は結構観ていたので全て新作の中から選ばせていただきましたので、このような結果となりました。

12月に公開された『ローグ・ワン』と『ファンタスティクビーストと魔法使いの旅』は、1月に観る予定なので入っていません。この2作は、来年の「今年のベスト10」にきっと入ってくることでしょう。今から観に行くのがとても楽しみです。
それから、ネットで話題となっている『この世界の片隅に』も、ずっと観たいと思っていた作品なので、仙台の上映会会館に行って観て来ます。来年も、今年以上に素晴らしい作品に巡り会えます事を願っています。

2016年 12月 30日 |
ケロッグの『オールブランアンバサダープログラム』に当選し、モニター品を送っていただきました。
1日の食物繊維目標量18g!で、スッキリ習慣を身につけたいと思い、只今実践中なので少し紹介したいと思います。

b0245465_21415564.jpg

今回お送りいただいたセットは以下の内容となっています。
●オールブランシリーズ3種(オリジナル・プレーン・フルーツミックス)
●ちょい足しボトル
●限定ハンドブック「Watashi Sukkiri Book Style2」

日本人の平均食物繊維摂取量は、戦後まもない頃と比べて約半分になっており、男女とも目標値を下回っているのだそうです。
例えば、オールブランフレーク プレーンの場合、一食分(60g)で、食物繊維1日目標の30%が摂取出来るので助かりますね。

b0245465_21554020.jpg

私が特に気に入っているのが、オールブラン フルーツ ミックス。鉄分や6種のビタミンまで摂取出来るし、美味しくて大好きなんです。フルーツ ミックス にさらに、ブルーベリーやマンゴーなどを乗せて食べるのがお気に入りの食べ方です。
結構、夜型人間なもので、夜中にブログを書いたり、大好きな映画を観たりして小腹が空く時があるのです。そんな時にぴったりなのが、オールブランです。食感もサクサクしていて食べ応えがありますし、お腹で膨らんでくれるので大満足なんですね。

私は、健康の為に毎日ヨーグルトを食べています。もう2年程続けていて、お陰でお腹の調子が良くなりました。
それでも、時々は食物繊維不足かな? と思う事もあるので、1日の目標18gを達成出来るよう心がけたいと思います。
その為にも、オールブランは力強い味方なのでうまく活用して行きたいと思っています。いただいたパンフレットには、アレンジレシピも載っていましたので、カボチャとほうれん草のブランキッシュなど、美味しそうなので挑戦してみたいと思っています。

#オールブランアンバサダー

2016年 12月 25日 |
「KOSE米肌アンバサダープログラム」で、『米肌 冬のふっくらうるおいハリ肌モニター』に当選しました。
数日後、商品が届き3週間程使用してみましたので、感想とその後に商品購入に至った経緯をお知らせいたします。

これまで私は10年以上、KOSE の基礎化粧品&メイクアップ用品を使って来ました。
他社の製品も使った事は有りますが、匂いがしない事と肌に刺激が感じられない事で、KOSEが気に入っているからです。
そんな私ですので、迷わず「KOSE 米肌アンバサダー」に申し込みました。

b0245465_20261028.jpg

今回モニターに当選していただいたのは、次の3品です。

特に嬉しかったのが『活潤リフトエッセンス』で、以前から使ってみたいと思っていた憧れの商品でした。
高額で手が出なかったこの商品は、エッセンスとしては満足度の非常に高い商品で、冬の夜の特別メニューにぴったりな1品でした。冬のかさついた肌が、まるで修復して行くような安心感を覚え、翌朝の肌満足度がグッと上がります。
着けた後に使用するクリームの浸透力が違うという実感もあり、冬場には欠かせない品となりそうです。

b0245465_20353556.jpg


◆ 続きを読む ◆
2016年 12月 20日 |
BenQアンバサダープログラムの企画で、27型カラーマネジメントディスプレイSW2700PTをお借りしました。
先月末に参加した、タッチ&トライイベントの時から楽しみにしていたモニター企画、いよいよ開始となりました。

b0245465_00353816.jpg

早速、大きな荷物を解いて組み立てにかかりましたが、本体が8.3kgも有りまして女性にはかなり重く感じます。
お借りしているものなので、慎重に傷を付けないように注意しながら、一人で何とか組み立て成功で設置が出来ました。

b0245465_20110032.jpg

設置が出来れば後は簡単だと思っていたのですが、マニュアルをダウンロードするも非常に分かり難いと感じました。
最近使用しているデスクトップ型のWindows10機に、HDMIケーブルポートは有りませんし、MacBook Pro にはDVDドライブが無いし、なかなかすんなりとは行かない状況の中、何とか必死に頑張ってみました。

b0245465_20115960.jpg

サポートOSとしてMacの文字も有るので、Windowsの場合とMacの場合の接続方法は明記していただきたいものだと思いました。
分かり難いながらも何とか接続して、MacBook Pro に「Palette Master Element 」 というソフトウェアをインストール。


◆ 続きを読む ◆
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon